本文へ移動

初めての方へ

理事長あいさつ

夢を語り合える介護施設をつくる!
 
医療法人芙蓉会理事長 保坂嘉之
 
   医療法人芙蓉会は平成6年にこの地に介護老人保健施設を設立しました。それから20年余りの間、当施設を利用して下さった皆様や支えてくださった職員はじめ関係各位の方々に深く感謝いたします。私は平成26年に先代理事長の跡を引き継いで当医療法人の理事長を拝命いたしました。これまでの道のりを振り返り、そしてこれからの世の中を見据え、今後も医療法人芙蓉会が皆様のお役にたてるようにと、このたび新しい理念を決めることにしました。これから私達はこの新しい理念に基づいて活動していきます。「私達の施設を利用して下さる方々の夢、ご家族の夢、職員の皆様の夢。それぞれの夢や理想を語り合え、追求できる施設をつくりたい。」これが私達の新しい理念です。
 
   誰もがいつかは迎える高齢の期間について、皆さんはどのように考えていらっしゃるでしょうか。大切な人の老後にどのように関わり、そしてどのように送り出すことをご希望でしょうか。ご自身であればどのような時間を過ごされることを望んでいるでしょうか。また、介護福祉の仕事を志す人達はどんな理由でこの仕事を選ぶのでしょうか。仕事を通じて、どんな出会いや経験を期待しているでしょうか。私は我々の施設を利用して下さる方々はもちろん、職員を含む当施設に関わるすべての皆様が「夢を語り合える施設」めざして運営を行っていこうと考えています。
 
   上記の大きな理念のもとに、すこし具体的な3つの理念があります。ひとつめは「自分も利用したくなる施設」です。職員ひとりひとりに、「もしも自分がこの施設を利用することになったら、自分だったらこうしてもらいたい」ということを考えていただき、その想いを実現することで自己実現ができるような運営をしていきたいと考えています。次に、「安心とやりがいを持てる施設」です。介護施設は精神的な負担も生じやすい職場だといわれています。新人からベテランまで、それぞれの立場の職員全員が安心とやりがいを感じながら日々、充実した時間が過ごせる職場環境を提供すること。そのことが利用者様に良いサービスを提供するための基本になると考えています。職員全員が共感できる理念、納得できる就業規則や賃金規定を作り、きちんと運用していくことで、やりがいが感じられ、パワハラやセクハラ、さらにいじめなどの陰湿な問題とは無縁の職場が守られるよう努力していきます。また、職員の各種研修会への参加を援助し、知識や技術の研鑽やキャリアアップのための資格取得を積極的に促していきます。最後になりますが、もう一つの理念は、「互いに人間性を高められる施設」です。名著「7つの習慣」のスティーブン・コヴィー博士は、「人生は、限りなく人間性が高められていく。得られる経験の全てを教材として、ここに集う全ての人の人生が『互いに人間性を高めるための時間』であるべきだ。」と述べています。人の一生が成功に終わるかどうかは、最終的にその人が自分の人間性をどこまで高められたかに尽きるという考え方です。「仕事を通し高めていこう。切磋琢磨していこう。」と考えることができれば、利用者にとっても働く人間にとっても「夢を語り合える介護施設」が実現するのではないでしょうか。
 
 

施設長あいさつ

いちのみやケアセンター施設長   医師 三塚 繁
 新しい時代の幕開けとなった令和元年の10月1日より、いちのみやケアセンターの施設長に就任いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。
 
 少子高齢化社会を見越して1960年代から老人福祉政策が始まり、特別養護老人ホームを始めとする老人福祉事業が徐々に整備されて来ましたが、実際の高齢化には追いつかず、病院で高齢者を預かるという時代が長く続きました。
 1987年(昭和62年)になると老人保健法が改正され、介護老人保健施設(老健)も創設されました。当いちのみやケアセンターは
1994年(平成6年)の開設ですが、この老健に該当する施設です。
 
 老健はその創設当初から、特別養護老人ホーム(特養)のような期間の制限なく入所できる施設とは異なり、病気や怪我のために病院で治療を受けた高齢の方々が治療終了後にも不十分な心身機能のためにご自宅での生活が困難な場合に、一定期間のリハビリを提供して在宅に戻すことを目的としていました。
 
 しかし、特養等の施設不足などが続いたため実際には特養と同じように長期間の入居者で占められている状態が長く続いてきましたが、当施設もその例外ではありませんでした。
その結果、本来なら必要なリハビリ期間を経て再び在宅生活が可能となる方々が十分なリハビリを受けられず、在宅復帰の機会を失ってしまう場合もあったことは否めません。
 
  2000年(平成12年)になると介護保険制度が開始され、その後も様々な介護サービスが徐々に充実してまいりましたが、そのような環境変化の中で最近になり老健は本来の目的に立ち戻る必要性が叫ばれるようになってまいりました。
 つまり、老健は在宅復帰を目的としたリハビリ施設であるということです。
 
 長期入所者で占められている閉鎖的な施設ではなく、地域の高齢の方々が病院での治療後に限らず、病院に入院するほどではなくてもご自宅での生活に不安を感じるような心身状態の低下で介護を要する場合などにも、体力回復のための規則正しい生活や栄養管理、生活リハビリなどを受けることのできる施設本来の機能を取り戻そうということです。
 
 これからのいちのみやケアセンターはこのような考えに基づいて、従来の機能を大きく変更していこうと計画しています。
 
 その計画の中心は地域との連携強化です。地域包括ケアの一翼を担うのは当然ですが、地域の皆様にとって利用しやすい施設を目指し、要介護者ご本人の体調変化への対応だけでなく、介護疲れによる生活破綻を防ぐ目的のレスパイト入所などを含めて、短期入所・集中リハビリへの対応を強化して在宅生活の支援を充実して行きます。
 
 もちろん、リハビリで一定の回復を得て在宅復帰しても、しばらくするとまた心身機能が低下してくる場合もある高齢者ですから、必要に応じて何度でも利用していただける準備も必要です。当センターですでに行っている通所リハビリサービスも、在宅での生活に必要な体力を維持する目的としても利用していただけますので更に充実させていく予定ですし、今後は在宅リハビリなどのサービスも提供できるように準備を進めていきます。
 
 更に地域との関わりを強化する意味でも、介護予防に関する情報や認知症の予防やケアといった高齢者介護に関わる教室や交流の場の提供などを積極的に進めていきます。地域との交流を実現させるためにも、高齢者福祉や介護に関心のある地域のボランティアの皆様にもぜひご協力を仰ぎたいと考えています。
 
 一方で、できるだけ元気な状態で在宅や施設での介護生活を送っていただいたとしても、寿命の尽きるときは必ず訪れます。当センターでの看取りを希望される方にも心のこもった介護を提供して、人生の最期を、尊厳を持って迎えられるようにお手伝いさせていただきます。
 
 このように老健の持つ様々な機能を提供することで、この地域における高齢者福祉の中核施設として認めていただけるように努力してまいります。また当センターの基本理念である「夢を語り合える施設」を実践するためにも、地域の皆様との温かい交流を願ってやみません。

基本理念と運営方針

<基本理念>
 
夢を語り合える介護施設
 
1.自分も利用したくなる施設
2.安心とやりがいが持てる施設
3.互いに人間性を高められる施設
 
 
<運営方針>
1.利用者の気持ちに寄り添い、自らも利用者の立場に立って介護を考えます。
2.職員の専門性を高め、確かな知識と技術を持ったスタッフによるサービスを提供します。
3.互いに切磋琢磨しながら人間性を高められる職場を作ります。
4.職員が仕事へのやりがいや達成感を感じることができる職場を作ります。
5.人権を尊重し、ハラスメントのない職場を作ります。

介護老人保健施設とは

医学的管理の下で、看護、介護、機能訓練、その他必要な医療と日常生活上のお世話などの介護保険施設サービスを提供することで、入所者の能力に応じた日常生活を営むことができるようにし、一日でも早く家庭での生活に戻ることができるように支援する施設です。また、利用者様が居宅での生活を一日でも長く継続できるよう、短期入所療養介護や通所リハビリテーションといったサービスを提供し、在宅ケアを支援することを目的としています。

介護老人保健施設のサービスの対象となる方

1)長期入所

要介護1~5の介護保険証をお持ちの方で、現在の病状が安定し入院治療の必要がない方が対象です。当施設で対応可能な医療的ケアにつきましては、「長期入所」のページを開き、「医療的ケア」の項目をご確認ください。

2)ショートステイ

要支援1、2、要介護1~5の介護保険証をお持ちの方が対象です。介護しているご家族などが病気や冠婚葬祭、お仕事の都合、介護疲れなどで一時的に介護が困難となる場合も利用していただくことができます。

3)通所リハビリテーション

要支援1、2、要介護1~5の介護保険証をお持ちの方で、通所によるリハビリテーションを希望される方が対象です。

認知症対応型共同生活介護施設(グループホーム)とは

当法人では、介護老人保健施設いちのみやケアセンターの近隣に認知症対応型共同生活介護施設(グループホーム芙蓉)を運営しております。グループホームは認知症の方を対象にした専門的なケアを提供するサービスです。家庭的な環境の下、入居者様の個々の能力に応じ、できるだけ自立した生活が過ごせるようにスタッフがお世話いたします。
 
ご利用いただける方は原則として65歳以上、介護認定において要支援1、2、または要介護1~5の認定を受けている方で、笛吹市に住民票がある方です。
 
詳しい内容につきましてはグループホーム芙蓉の管理者にお気軽にお問合せください。(0553-47-7611)
 

サービス利用に関するご相談・お手続きについて

1)サービス利用に関するご相談

長期入所のご相談はいちのみやケアセンターの支援相談員が、通所リハビリテーションのご相談は通所の担当者が対応いたします。先ずは電話にてご連絡ください。(0553-47-4811)
 
グループホーム入所に関するご相談についてはホーム管理者が対応いたします。(0553-47-7611)
 
ご都合がつきましたら、直接施設にお越しいただければ施設見学・ご利用に関する説明等対応させていただきます。ご都合がつかず来所できない方にはパンフレット一式をお送りいたしますのでお申しつけください。

2)入所に必要な書類

①施設申し込み書
②健康診断書
③各種保険証
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0553-47-4811
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
ご不明な点などございましたら遠慮なくご相談ください。
 
医療法人芙蓉会 山梨の介護施設 いちのみやケアセンター
医療法人芙蓉会
 
介護老人保健施設 
いちのみやケアセンター
〒405-0076
山梨県笛吹市一宮町
竹原田1255-1
TEL.0553-47-4811
FAX.0553-47-4815
Email
 
認知症対応型共同生活介護
グループホーム芙蓉
〒405-0076
山梨県笛吹市一宮町
竹原田1359-1
TEL.0553-47-7611
FAX.0553-47-4825
 
生活習慣病治療施設 
保坂内科クリニック
〒403-0004
山梨県富士吉田市下吉田
5-25-20
TEL.0555-22-5070
FAX.0555-22-8024

 
TOPへ戻る